協会からの様々な活動報告や外国人留学生への支援サービスなどをお知らせします。

UR賃貸住宅活用事業

20100525_03UR.jpg

多摩地域の大学の国際交流センターの方々から多摩にあるUR賃貸住宅を

  1. 複数人で生活するシェアーハウスとして *例えば、3LDKを3名でシェアーする
  2. 即日、生活できるように家具・家電・インターネット回線・水道光熱費込み
  3. 安い家賃

で、留学生が借りられるように、当協会の方で、各種サービスメニューを付加し、賃貸 してほしいとの申し入れがあり、UR住宅活用事業への取り組みをスタートさせました。

現在は、中央大学の国際交流センターにご協力いただき、中央大学に近い団地で、次の2パターンの部屋で留学生の入居者を募集して、その運営を通して各種ノウハウを蓄積していく予定です。

  • A部屋3名:「家具・家電・インターネット回線・水道光熱費込み」のシェアーハウス
  • B部屋3名:「インターネット回線・水道光熱費込み」のシェアーハウス